"Is This My God?" 高木耕一郎

「Is This My God?」高木耕一郎

2021年12月4日 (土) - 18日(土)

 

 

GALLERY TARGETでは12月4日より、刺繍作品を発表する高木耕一郎の個展「Is this my God?」を開催致します。

本展にて高木がテーマにするのは「お金」。

扱い方如何では薬とも毒ともなるお金に注目した高木は、その独特な作品世界で物事の背後に潜む二面性を表現致します。

 

美徳そのものもみだりに用いれば悪徳に変わり,時として悪徳も行い次第で価値あるものとなる。 

このか弱い花のつぼみには 毒も潜めば薬効もある。

匂いを嗅げば,その効力で五体を元気づけ 

口に含めば,心臓を止め五感を殺す。

こうして,仁徳と悪徳という二人の王が人間界でも植物界でも常に対立し戦っている。

悪いほうが勝ちをおさめるとき たちまち死という害虫がその植物を枯らしてしまう。”

ウィリアム・シェイクスピア「ロミオとジュリエット」より引用

 

サンフランシスコで生活をした経験のある高木は、パンクロック、アンダーグラウンドコミック、スケートボードなどのサブカルチャーから多くの影響を受けました。

それらのカルチャーにはそれぞれの独特な世界観のデザインがあり、メッセージがあり、ムードがありました。

 

また同時にカトリックの家系で育った幼少の高木は、教会を彩る宗教絵画や神父の纏う法被など、自然と視界に入るそれらの装飾品や聖書に描かれる宗教世界からも影響を受け、そこには当然きらびやかな刺繍装飾もありました。

 

高木が表現メディアとして主に用いる刺繍の歴史を覗いてみれば、ヨーロッパの僧院では人々の信仰心を高めるための荘厳な装飾に用いられ、

宮廷では豪華な衣装などによって高い身分、また権力や富の象徴として絢爛な刺繍が用いられました。

 

高木の感性はこういった「反体制」や「個性」を強調するサブカルチャーと、唯一の神を崇拝する「信仰」との間で育てられたのです。

そんな高木が生み出す作品の画面上には、サブカル性を感じさせる強烈なメッセージとそのタイポグラフィーデザインがあり、同時に宗教性を感じさせる動物たちが語りかける神話的で寓話的な世界が混在しています。

それはストリートで生まれたイソップ物語のようだと言えるかもしれません。

 

お金を崇める者、忌み嫌う者、人によってお金は神のようでもあり悪魔のようでもあると話す高木。

それぞれにとって神とは何であるか、価値とは何であるか。

「Is this my God?」と題された本展。

あらゆる物の価値、宗教の立ち位置が揺らぐこの混迷の時代にアーティストとしてそれを問うことは最も自然な流れであると言えるでしょう。

 

本展では刺繍だけでなく高木がサンフランシスコで学んだシルクスクリーンなども組み合わせたミクストメディア作品も発表されます。

可愛らしくも不気味な目やポーズをした動物たちが問いかける「お金」というテーマを孕んだ作品は、物事の神的な面と悪魔的な面の両方を語りかけてくるでしょう。

 

Is This My God?

高木耕一郎

2021年12月4日 (土) - 18日(土)

 

12:00 – 19:00

*日•祝休廊 

 

-

"Is This My God?" by Koichiro Takagi

December 4th (sat) - 18th (sat), 2021

 

GALLERY TARGET is pleased to present a solo exhibition of embroidery artist Koichiro Takagi entitled "Is this my God?

The theme of this exhibition is "money".

He focuses on money, which can be both medicine and poison depending on how it is handled, and expresses the duality that lies behind  “money” in his unique world of art.

 

Virtue itself turns vice, being misapplied,

And vice sometimes by action dignified.

Within the infant rind of this weak flower

Poison hath residence and medicine power:

For this, being smelt, with that part cheers each part;

Being tasted, stays all senses with the heart.

Two such opposèd kings encamp them still

In man as well as herbs, grace and rude will;

And where the worser is predominant,

Full soon the canker death eats up that plant.

from “Romeo and Juliet” by Willam Shakespeare

 

Having lived in San Francisco, Takagi was influenced a lot by subcultures such as punk rock, underground comics, and skateboarding.

Each of these cultures had their own original view of the world in designs, messages, and moods.

 

At the same time, as a child growing up in a Catholic family, Takagi was influenced by the religious paintings at churches, priests' coats, and other ornaments that naturally came into view, as well as the religious world depicted in the Bible, which naturally included glittering embroidery.

 

Looking into the history of embroidery, which Takagi mainly uses as a medium of expression, European monasteries used embroidery as a solemn decoration to enhance people's religious beliefs and at the court, gorgeous embroidery was used as a symbol of power, and wealth.

 

Takagi's sensibility was nurtured between these subcultures that emphasize "anti-establishment" and "individuality" and the "faith" that worships the one and only God.

On the surface of the works Takagi creates, there are strong messages and typographic designs that give a sense of subculture, and at the same time, there is a mixture of a mythical and allegorical world where animals speak with a sense of religion.

You could say it's like Aesop's tales from the streets.

 

Takagi says that money is like a god or a devil, depending on the person, some worship it, some abhor it.

To each of them, what is God and what is value?

Titled this exhibition "Is this my God?”,  

In these confusing times when the value of everything and the position of religions are shaken, it is the most natural thing for an artist to through this question.

 

In addition to embroidery, Takagi's mixed-media works will also be presented in this exhibition, including silkscreens that he studied in San Francisco.

The theme of "money," which is posed by animals with cute but eerie eyes and poses, will speak to both the divine and demonic aspects of things.

 

 

"Is This My God?" by Koichiro Takagi

December 4th (sat) - 18th (sat), 2021

 

Open from 12:00 – 7:00pm

*Closed on Sundays and holidays